読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひみつのオレンジ

どうか良い人生を。

去年の私は、丸山くんのこんなところが好きでした。

もうすぐ彼のお誕生日がやってくる。
2014年の私が好きだったところを思い返してみた。
 
 
 
ベースの弦を叩く右手の親指。*1
ピックを咥える、しゅっと投げ捨てる、冷ややかにベースを弾く姿。
ん・・と巻き込むように噛んだ唇。
少しだけ上げた右の口角。
前髪をかき分ける小指の角度。
「とおきょお」のアクセントと、ラ行の発音。
「やらさせて頂く、歌わさせて頂く」、本来は不要の「さ」。
「ねっ?」かわいい相槌。
満面の笑顔で、勢いよく繰り出される「パーン!」。

幅の異なる二重瞼、小さな泣きぼくろ、口元のほくろ。*2
薄ピンク色の艶やかな歯茎。甘い声。
言葉を意味から解放し、音とリズムだけで遊んでいるところ。
毎日更新されるブログ、ファン思いの言動、気遣いと優しさと包容力、みたらし。
与えられた役割を、アイドルという仕事を、全うしようとしているところ。
真面目で「普通」だったり、意図せず「普通」からはみ出してしまったり。
少年のような無邪気さと、おじいちゃんのような諦めと。
自分の中にある色んなズレを認識し、もがきながら進む生々しい姿。
得体のしれない深い闇、湿度の高さ。
 
 
 
関ジャニ∞丸山隆平じゃなくて、僕自身を好きな人。」
いつ、どこで知ったのか忘れてしまった*3
けれど、ありがちな質問『好きな女の子のタイプは?』
・・当たり前やん!!彼の答えを読み、思わず声が出てしまった。
私はご本人に会ったことがないので、
どう転んだって「関ジャニ∞丸山隆平」しか好きになれない。(当然です。)
そんな大勢の「ファン」じゃなくてさ、「自身」を見てくれる女の子、周りにいてるでしょ?
で、それは「好みのタイプ」じゃなくて、「当たり前のこと」やんか?*4
「なんで?どうして?」
初めて彼の内面に興味を持った。それこそが、底なし沼の始まりだったのだけれど。
 
 
 
「…この人、何なんやろう!?」
原動力はいつだって、この気持ち。
一粒で何度も美味しい、やみつきオレンジ。
32歳まであと20日。
 

*1:スラップ大好き!

*2:死ぬまでに一度押してみたい。

*3:2007年頃のドル誌インタビュー記事

*4:何か辛い出来事があったのかもしれないし、適当に答えただけかもしれないし、対象外やで!ってヲタクに伝えたかったのかもしれないし・・真意はご本人のみぞ知る。